2017年4月26日水曜日

マカオ、17年第1四半期の総ギャンブル売上約8664億円!!



 マカオ経済の屋台骨として知られるのが、カジノを中心としたゲーミング(ギャンブル)産業だ。マカオにはカジノ以外にも、競馬、ドッグレース、スポーツくじ、ロトなどのギャンブルが存在する。

 このほど、マカオ政府のカジノ監理部門にあたるDICJが今年(2017年)第1四半期のゲーミング(ギャンブル)市場に関する統計を発表した。

 今年第1四半期のカジノ売上は前年の同じ時期から13%、昨年第4四半期から5%のそれぞれ増となる634.79億パタカ(日本円換算:約8637億円)。このうち、VIPルームの売上を反映するVIPバカラ売上が同16.8%、6.4%のそれぞれ増となる354.91億パタカ(約4829億円)で、カジノ売上全体の55.9%を占めた。

 カジノ以外のギャンブルの売上については、ドッグレースが前年の同じ時期から58.3%減の1000万パタカ(約1.36億円)、競馬が13.9%減の3100万パタカ(約4.22億円)、中国式ロトが横ばいの200万パタカ(約0.27億円)、サッカーくじが14.3%減の1億0200万パタカ(約13.88億円)、バスケットボールくじが81.3%増の5800万パタカ(約7.89億円)など。

 総ギャンブル売上はカジノVIPルーム売上が牽引するかたちで、前年の同じ時期から12.9%増の636.82億パタカ(約8664億円)に達した。

 今年第1四半期のマカオのカジノ施設のゲーミングテーブル数は前年の同じ時期から336台増の6423台、スロットマシン数は1721台増の1万6018台。増加要因として、昨年第3四半期以降、ウィンパレス、パリジャンマカオの大型カジノIR(統合型リゾート)、今年第1四半期にはレジェンドパレスカジノがそれぞれ新規オープンしたことに加え、既存カジノへの追加のテーブル割り当てがあったことなどが挙げられる。

 マカオの月次カジノ売上は2016年7月まで26ヶ月間に渡って前年割れが続いただったが、以降、今年3月まで8ヶ月連続で対前年プラスを維持している。

【2017年4月22日13時10分配信 マカオ新聞から抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿