2017年1月17日火曜日

マカオ、16年第4四半期のカジノ売上約8636億円…対前年1割増!!


 マカオのカジノ監理当局にあたるDICJは1月16日、昨年(2016年)第4四半期のギャンブル統計を公表した。

 昨年第4四半期のカジノ売上は前年の同じ時期から10.2%、直前期(第3四半期)から9.8%のそれぞれ増604.18億パタカ(日本円換算:約8636億円)だった。このうち、VIPルームによる売上が前年の同じ時期から12.6%、直前期から16.3%のそれぞれ増となる333.33億パタカ(約4764億円)で、カジノ売上全体の55%を占めた。VIPルーム比率が55%に達したのは2015年第2四半期以来のこととなる。

 なお、昨年通期のカジノ売上は2232.10億パタカ(約3兆1904億円)で、このうちVIPルームによる売上は1189.60億パタカ(約1兆7003億円)で、全体に占める割合は53.2%だった。

 昨年第4四半期末時点のゲーミング(カジノ)テーブル台数は前年の同じ時期から5.5%増の6287台だった一方、スロットマシン台数は5.2%減の1万3826台にとどまった。カジノ施設数は同2軒増の38軒(暫定営業停止中の2軒含む)。

 カジノ以外のギャンブルについては、一部を除いて振るわなかった。昨年通期の売上は、ドッグレースが前年から43.2%の大幅減となる7100万パタカ(約10億円)、競馬が15.0%減の1.41億パタカ(約20億円)、中国式ロトが横ばいの700万パタカ(約1億円)、バスケットボールくじが7.1%減の1.58億パタカ(約23億円)に。唯一のプラスを記録したのがサッカーくじで、7.6%増の5.41億パタカ(約77億円)。

 カジノ及びその他のギャンブルを合わせた昨年通期のマカオの総ギャンブル売上は前年から3.3%減の2241.28億パタカ(約3兆2035億円)だった。

【2017年1月17日11時13分配信 マカオ新聞から抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿