2016年12月13日火曜日

<カジノ法案>野党、不信任案の構え…攻防、最終局面!!


 参院内閣委員会は13日、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)の質疑を行った。自民党はこれに先立つ理事会で同日中の採決を求め、野党は拒否した。自民党は会期末を迎える14日の本会議での成立は譲らない方針だ。民進、共産、自由、社民の野党4党は内閣不信任決議案を提出して阻止する構えで、カジノ法案の攻防は最終局面を迎える。【飼手勇介、樋口淳也】

 民進党の山井和則国対委員長は13日、国会内でカジノ法案に関し「成立阻止にあらゆる手段を講じたい。内閣不信任案も当然含まれる」と語った。社民党の又市征治幹事長も「野党が結束し、内閣不信任案や(安倍晋三首相に対する)問責決議案などを含めた対応を検討する」と述べた。同日午後か14日に開く野党4党の幹事長・書記局長会談で対応を協議する。

 これに対し、自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「重要な法案だ。残された時間に全力を尽くして会期末の処理を行う」と強調した。自民党は参院内閣委の委員長ポストを握る民進党が採決を拒否すれば、委員会採決を省略して本会議に持ち込む「中間報告」を視野に入れている。

 一方、同日午前の内閣委の理事会では、与野党の筆頭理事が採決の協議が整っていないと報告。自民党は同日中の採決を求め、公明党は「審議時間を重ねており、院の意思を示すべきだ」と容認する意向を示した。民進党などは「議論が尽くされていない」として応じなかった。

 内閣委の審議では、法案提出者の西村康稔衆院議員(自民)がIRの設置数について「せいぜい2~3カ所を地方議会の同意を得て設置し、課題を検証しながら段階的に増やす」と理解を求めた。また岩屋毅衆院議員(同)はギャンブル依存症対策について「IRからの納付金の一定額で、対策を取る方法もある」などと語った。

【2016年12月13日13時01分配信 毎日新聞から抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿