2016年12月19日月曜日

2017年マカオのカジノ売上、対前年2桁増の見通し…3.6~3.8兆円規模


 2002年のカジノ経営ライセンスの対外開放を機に世界一のカジノ都市へと急成長を遂げたマカオ。面積約30平方キロ、人口65万人の小さな街に、大小合わせて38ものカジノ施設が軒を連ねる。

 マカオの月次カジノ売上は一昨年6月から今年7月まで26ヶ月連続で前年割れだったが、8月から11月まで4ヶ月連続で対前年プラスを維持している。

 今年1~11月の累計カジノ売上は2033.95億パタカ(日本円換算:約3.0兆円)で、前年同期比マイナス4.3%。対前年のマイナス幅は徐々に縮小しているが、通年では3年連続の前年割れとなる見込み。

 マカオの月次カジノ売上は、今年8月にプラスに転じて以降、上昇幅の拡大が続いている。昨今、大手投資銀行各行が先月(11月)末から今月にかけて発表したレポートの中で、来年(2017年)のマカオのカジノ売上について、軒並み従来予測から上方修正を行い、今年通年の推計から10~16%プラスの2453~2586億パタカ(約3.6~3.8兆円)になるとの見通しを示した。

 クレディスイスは、2016~2018年の予測を従来の「-5%、+8%、+9%」から「-2%、+16%、+13%」へ上方修正した。その理由として、VIPルーム業者の業界再編が最終局面を迎え、上位5社の市場シェアが85%に達したほか、小規模業者の新規参入もあるなど、VIPルームの復調の動きが大きいことを挙げた。

 ゴールドマンサックスは、来年の予測を従来の「+7%」から「+12%」に上方修正。内訳は、マスゲーミング(いわゆる平場)が「+14%」、VIPルームが「+9%」。また、2018年は「+9%」と予測。

 モルガンスタンレーは、来年の予測を従来の「+2%」から「+10%」に上方修正し、309.11億米ドル(約3.6兆円)に達すると予測した。

 なお、マカオの年間カジノ売上が過去最高を記録したのは2013年で、3607.49億パタカ(約5.3兆円)だった。

【2016年12月18日12時13分配信 マカオ新聞から抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿