2016年11月8日火曜日

セガサミークリエイションのカジノマシン、マカオの大型IRスタジオシティで稼働開始!!


 セガサミーグループのカジノ機器メーカー、セガサミークリエイションは11月8日、同社製電子カジノマシン第1号機「SICBO BONUS JACKPOT」がマカオ・コタイ地区の大型カジノIR(統合型リゾート)スタジオシティで10月20日から稼動を開始したと発表した。

 SICBO BONUS JACKPOTはセガサミークリエイションの独自のカジノマシンのひとつで、マカオではスタジオシティと同じコタイ地区にあるヴェネチアンマカオに次いで2店舗目の設置、稼動開始となる。

 SICBO(シックボー)は「大小」とも呼ばれ、3つのダイスの出目の合計数や大または小等を予想し、出目の配当率に応じて払い出しされるシンプルなゲームで、マカオで最も人気の高いカジノゲームのひとつ。

 セガサミークリエイションでは、マシンの特長として、龍の美しい造形と色彩に富んだLEDライトでデコレーションされた全長4メートル超というビッグスケールの筐体、業界初の浮遊するダイス演出を挙げ、明瞭なスクリーンと美しい映像がプレイヤーの全感覚に働きかけ、ハートを掴むとした。また、プレーヤーが卓上のボタンを押すと、他のプレイヤーのBET状況が確認でき、まるでゲーミング(カジノ)テーブルでプレイしているような感覚も味わえるとのこと。さらに、サイドゲームCai Shen Progressive Jackpotでは、サイドBETなしでProgressive Jackpot獲得のチャンスがある仕様となっており、誰もが楽しく、気軽に遊ぶことができるという。

 設置先のスタジオシティはマカオのカジノ経営ライセンスを保有する6社の一角、メルコクラウンエンターテイメント社が運営するハリウッド映画の世界をテーマにしたIR施設で、昨年(2015年)10月27日にオープンした。

 近年、セガサミークリエイションは、マカオで開催される国際カジノ見本市へ大型ブース出展を行っており、来週(11月15~17日)開催される「マカオゲーミングショー(MGS)2016」にも出展予定となっている。

【2016年11月08日19時05分配信 マカオ新聞から抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿