2016年11月10日木曜日

マカオのギャンブル業就業人数は8.05万人!


 マカオ政府統計局は11月9日、今年第3四半期(2016年7~9月期)の就業調査結果を公表。総就業人数は第2四半期から3800人増の39.42万人だった。

 期内の8月にウィンパレス、9月にパリジャンマカオの2つの大型カジノIR(統合型リゾート)が相次ぎ開業したが、カジノなどギャンブル業(カジノ仲介含む)の就業人数は同3100人減の8.05万人で、総就業人数の20.4%を占めた。

 月収中位数はギャンブル業が1.9万パタカ(日本円換算:約25.0万円)、非ギャンブル業が1.3万パタカ(約17.1万円)で、いずれも今年第2四半期から横ばいだった。

 今年第3四半期のカジノ売上は第2四半期から6.6%増、前年同期比1.2%増の550.05億パタカ(約7252億円)。期末におけるマカオのカジノ施設数は38軒。

【2016年11月11日11時40分配信 マカオ新聞から抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿