2016年4月18日月曜日

マカオのカジノ市場、VIPルームの存在感低下…



マカオのカジノ管理当局にあたるDICJは4月18日、今年(2016年)第1四半期のマカオのカジノ統計を公表。カジノ売上は前年同期から13.2%減の561.76億パタカ(日本円換算:約7592億円)だった。

 このうち、VIPルームの売上を反映するVIPバカラ売上は19.3%限の303.82億パタカ(約4106億円)となり、売上全体に占める割合は4ポイント下落の54%となった。

 第1四半期のゲーミング(カジノ)テーブル数は昨年第4四半期から130台増の6087台、スロットマシン台数は281台減の1万4297台。

 かつてVIPルームはマカオのカジノの大半を稼ぎ出す主役の座にあったが、昨今の中国本土の反汚職キャンペーンやマカオ当局によるカジノ周辺の規制及び入境制限の強化などを理由に主要顧客基盤である中国本土富裕層のマカオ渡航意欲が減退しているとされ、大苦戦の様相を呈している。一方、平場にあたるマスゲーミング部門は比較的安定して推移しており、両者のマーケットシェアの差が縮まりつつある。

【2016年4月18日(月)15時55分配信 マカオ新聞から抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿