2015年7月23日木曜日

ラスベガス・サンズ、4-6月期は30%減益・・・



 米カジノ運営大手ラスベガス・サンズが22日発表した4-6月期(第2四半期)決算は純利益が30%減と、マカオ事業の減速が売り上げに響いた結果となった。

 純利益は4億6920万ドル(前年同期は6億7140万ドル)、1株利益は0.59ドル(同0.83ドル)。特別項目を除く1株利益は0.60ドル(同0.85ドル)に減少した。売上高は19%減の30億9000万ドル。

 トムソン・ロイターが集計したアナリスト平均予想は1株利益が0.60ドル、売上高は29億9000万ドルだった。

 決算は米株式市場の取引終了後に発表された。ラスベガス・サンズ株の22日終値は前日比0.13ドル(0.24%)高の54.96ドル。その後の時間外取引では3.80%高の57.05ドルをつけている。

 ラスベガス・サンズは、特に高級賭博についてマカオ事業には引き続き課題があるとしたが、コスト抑制でマカオ事業の利益率が改善したほか、ショッピングモール事業は堅調に伸びていると述べた。

 中国本土の汚職取り締まりや景気鈍化が、同国で唯一カジノが合法なマカオの事業に打撃となっている。カジノ運営会社は売上高や利益率への圧力が高まる中、コストの見直しを図っている。

 政府データによると、6月のマカオの賭博収入は36%減と13カ月連続の減少となった。

 サンズ・チャイナ(金沙中国)事業の4-6月期売上高は前年同期比27%減の17億7000万ドル。純利益は37%減の3億8870万ドル。

 ラスベガス・サンズが米国で展開しているカジノはネバダ州ラスベガスの「ベネチアン」とペンシルベニア州の「サンズ・ベツレヘム」。

【2015年7月23日 5時24分  THE WALL STREET JOURNALから抜粋】

0 件のコメント:

コメントを投稿